PCX-S7詳細

極上の光沢と長期間にわたる効果維持性能

シリコーン樹脂クリヤー被膜はこれまで0.1が限界とされてきた膜厚を0.2-0.3まで向上させることが可能になりました。
これによりこれまでのコーティング剤をしのぐ光沢増加と長期間に亘る光沢維持が可能になりました。

被膜イメージ図

緻密な架橋構造が擦り傷に強い被膜を形成

近年の新車塗装は耐擦り傷性クリヤーを採用する傾向が増えています。これはボディの美観を低下させる微細な擦り傷を低減させると共に柔軟性を持たせることで経年変化によるクラックの発生や剥がれなどを防止するためです。
このようなクリヤー構造を研究し、最終硬度をF-2Hの弾性被膜にすることで、柔軟且つ衝撃に強いコーティング被膜を実現しました。

PCX-S7の被膜

進化系の被膜が優れた防汚性能を発揮

被膜の緻密さを向上させることで汚れの固着を防ぐとともに、親水基と撥水基を交互に配列させることにより排水性を高め、優れた防汚性能を発揮します。厚膜を形成するため長期に亘って効果を維持します。

進化系の被膜が優れた防汚性能を発揮