EXE evo1詳細

evo1

コーティングに求められるもの、それは大切な車を汚れや雨ジミなどのトラブルから守り、美しい状態を長期間にわたって維持すること。
着目したのは、強く美しい被膜形成と汚れを寄せ付けない構造。
「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、汚れの付着を大幅に低減。
従来の概念とは異なる多層構造だからこそ実現できたガラス系コーティングの理想形です。

PROMAX EXE EVO1

美しい艶、優れた防汚性、耐久性、コーティングに求められるすべての要素を最高レベルで実現するための解がここにあります。
高密度・高硬度・高耐久被膜を形成するポリシラザンのベースコート、美しい艶、光沢を演出するシランのトップコート、加えてそれぞれのガラス質被膜に付着しようとする汚れや雨ジミを防御する機能成分を各々に配合。
まさにプレミアム処方の多層構造被膜の完成です。
そしてその比類なき性能をカービューティープロの熟練した施工技術が余すところなく引き出します。

PROMAX EXE EVO1 被膜イメージ
【被膜イメージ】

一般的にガラス系コーティング剤は施工後、被膜内面までの完全硬化には数週間が必要であり、その間に結合しきれなかった反応基は雨ジミなどの付着リスクがありました。
EXE-evo1は余分な反応基を包み込んで被膜完成が瞬時に行えるように反応性の高い素材を厳選してブレンド。
これにより雨ジミや汚れを施工直後から寄せ付けず、高い防汚性を発揮します。
さらにしっかりと結合した多層構造のガラス質被膜は、美しく深い艶感を演出し、塗装面が透明の被膜によって守られている力強さを実感していただけます。

PROMAX EXE EVO1 被膜構造図
【被膜構造図】
  • 2層のガラス質被膜の余分な反応基はシリコーンレジンや保護ポリマーによって結合。

光沢増加率

未施工パネルEXE-evo1A coatB coatC coat
100.0%112.4%102.5%104.8%108.9%
  • 光沢度を落とした試験片にコーティングを施工し、前後の光沢度の増加率を測定。

ベースコートのシリコーンレジンやトップコートの保護ポリマーは成分中のメチル基の配向により美しく強力な撥水状態を作りだします。
撥水状態持続性を調べるためにシャンプーとスポンジを使った摩擦耐久試験では3,000サイクル(往復)ごとに水玉の接触角を測定。
12,000サイクルの洗浄後の接触角は102.4度、わずか3.2度の減少となり、同様に測定した他のコーティング剤の初期値も上回り、撥水持続性の優れている性能を実証。さらに表面の手触り感はツルツルスベスベでしなやかな感性を刺激します。

PROMAX EXE EVO1 摩擦耐久性能
【摩擦耐久性能】
  • 試験片を摩擦試験機にかけ、3000サイクル毎に水の接触角の測定。

滑り性能

未施工パネルEXE-evo1A coatB coatC coat
100.0%17.0%41.6%58.6%68.2%
  • 試験片を表面測定器にかけ、摩擦力(グリップ度)を測定。低い方がスベスベ感が高い。